不調とサヨナラ!アーシング健康法

掌の上の地球不調改善

こんにちは
解体心所スタッフのTです。

いつもありがとうございます。

今日のテーマは
不調とサヨナラ!アーシング健康法
です。

電磁波と不調の意外な関係

アーシングって言うと、
聞きなれない言葉かと思いますが、

要は、接地です。

英語の「Earth」は地球なので、
「地球と繋がる→接地」で
捉えてもらえれば、大丈夫です。

で、
今回はこの「接地」ということをしたら
健康になりますよ、というお話です。

言うまでもないことですが、
私達は、電磁波にまみれて生きています。

溢れるガジェット

スマホやパソコンは、
わかりやすいところですが、
それ以外にも、生活のあらゆる場面で
電磁波というものが存在します。

電子レンジやエアコン、ドライヤーなど、
あげて言ったらきりがないほどです。

これら一つ一つから出ている電磁波は、
人体に大きな影響を与える程のレベルでは
ありませんが、確実に私たちの不調の原因に
なり得るものです。

電磁波を浴び続けることで起こる
代表的な症状と言えば、

血行不良。

これは、肩こり、腰痛、頭痛、冷え性
とかの原因になります。

免疫力の低下。

例えば、お腹を下しやすくなったり、
風邪をひきやすくなる、
インフルエンザにかかり易くなる、
っていう感じですね。

あとは、
スタミナ不足なんていうのもあります。

帯電してることによって、血糖値が上がりやすくなり
その結果、疲労が蓄積しやすくなるのです。

さらには、
イライラしやすくなったり、
不安になったり、なんていうのもあります。

不安な少女

医学的には、因果関係について、
はっきりとしたエビデンスが
出ているわけではありませんが、

私の経験則に照らすと、
「うん、そうだよね!それが原因だよね!」
と肯定できてしまいます。

で、これらの症状を緩和してくれるのが、
アーシングなのです。

気楽にアーシングを試してみましょう!

先ほどは、
アーシングのことを「接地」と言いましたが、
ここでは、その具体的なやり方を
ご紹介させていただこうと思います。

と言っても、
やり方はものすごく簡単です。

まず、靴下を脱いでください。
で、土の地面を見つけてください。

自然豊かな公園とかだと、ベストです。
空気がキレイなとこだと最高です。
砂浜とかも良いです。

砂浜を歩く女性

で、土の上に足を乗せて10分~20分ぐらい
ゆっくりと過ごしてください。

以上です。

こうすることで、
体内に溜まっている静電気や、
有害な電磁波が地面に放出されます。

その結果、上のような様々な症状が
改善されるというわけです。

なかなかどうして
信じられないかもしれませんが、

ほぼデメリットのないやり方なので、
一度試してみることを、お勧めします。

特に、スマホやパソコンをよく使う方は、
効果を感じやすいので是非お試し下さい。

で、
「これ、結構面倒くさいな!」
と思われるかもしれないんですけども、
そんなに真剣にガッツリやる必要はないです。

「最近なんか元気が出ないなぁー」
「やる気が出ないなぁ」
「イライラするな」って思った時に、

散歩がてらに、
近くの公園とか森林とか山とかに行って、
軽く試してみる、

キレイな公園

これだけで大丈夫です。

あまり根を詰めて、
「電磁波を浴びているから、アーシングしなきゃ!」
という感じで、強迫観念に駆られて行う必要は
全くないです。

というよりも、そういう風に考えると、
逆にストレスが溜まって、症状が悪化します。

お気楽に行きましょう。

また、ネットショッピングだと、
自宅でアーシングができる
「アーシングマット」が売っているので
試してみるのもいいかもしれません。

これ関しては、今度、詳しく書きますね。

下の動画は、
実際にアーシングをしている様子になります。
イメージを 掴む意味でも、見て頂けると嬉しいです。

大神神社(奈良県桜井市) 日本最古の神社 パワースポット!

いかがだったでしょうか。

パワースポットに行って、
落ち着く自然ときれいな景色の中、
アーシングするのは、
ホントに気持ちが良いです。

リラックス効果も抜群です。

こういう時間を、生活の中で
少しでも持てるかどうかで、
健康の質というのが、変わってきます。

是非、あなたも体感ください。

はい、
ということで今回は以上になります。

ありがとうございました。

追伸:

「なんか最近不調だな~」
「調子でないなぁ~」

と言う方は、
是非とも、ご来院ください。

経験豊富なプロが、
全力で施術に当たらせて頂きます。

ご予約をお待ちしております。


谷町六丁目、上本町で満足度92%の整体院

解体心所
Tel:050-5361-6103

コメント